shigeの深圳真実の日々

6月から初海外勤務で中国深圳へ。中国のナマの情報や海外就職に至る経緯をゆるゆるとお伝えします。

転職活動②

さて、転職するにあたり何をしたか

まずは何故転職するか、目的とゴールを決める。これはあやふやでもいいので、というかどうせどこかで軌道修正は必要になります

 

今回の場合は、

給与は現状以上、職務内容は自動車関係、職種は海外営業といった具合です。

まずは海外就職のセミナーに参加し情報収集、それと同時に国内営業向けのリクルートキャリアさんで履歴書の添削と面接対策をしていただきました。

当初は国内就業の海外営業職もねらっていましたが、ハードルが高く、途中からは現地就業案件のみで動いていましました。

 

結果は、職種は希望通り営業、就業地も海外、給与は維持かダウンと思っていましたが、アップしました。ただ自動車関係という分では少し違うのOAと電子機器になりました

 

やっとけば良かったこと

ホンマにTOEICはやっておけば良かったです。それだけでもっと受けれる案件はふえたと思います。4年前の495点しかありませんでしたが700点は欲しかった。あと中国も視野に入れてるならHSKは必須です。2級か3級、ないとビザが降りません。

 

やっておいて良かったこと

バックパッカーの経験

やはりひとりで自分で現地に行って現地の飯を食べてたというのは海外でやっていけるというアピールになりました。

語学

先のこととは矛盾しますが、TOEIC495点でも持っていてよかった。プラス中国語も少し勉強してたのでHSKはほぼ一夜漬けで通りました。

仕事

何かを達成したという実績は残せたのでそれもプラスに働きました。やはり仕事は目標を持ってやるということが大事やなと。

 

今回は開始から内定まで約2ヶ月でした。