shigeの深圳真実の日々

6月から初海外勤務で中国深圳へ。中国のナマの情報や海外就職に至る経緯をゆるゆるとお伝えします。

2回目のドイツへ

結局、ドイツが忘れられず

ライプツィヒに一緒に行った後輩がベルリンに留学していたのもあって、今度はバックパック背負い、ひとりドイツへ。これは大学5回の時。

その時はひとりで北ドイツをぐるっと回りました。

 

そこから3度目は今度、ドイツからクロアチアドゥブロヴニクボスニアサラエボへ抜ける大移動も敢行。これは卒業後。

宮崎駿紅の豚が好きで、一生のうち一度は行きたいと思ってたんですな。

 

もうこの辺になると、海外大好き人間と化しており、バイトしてー金ためてー海外というルーティーンが続いていました。

 

その頃から中国、台湾も頻繁に行くようになり、その中で少しずつ中国語も話せるようになってきたのです。