shigeの深圳真実の日々

6月から初海外勤務で中国深圳へ。中国のナマの情報や海外就職に至る経緯をゆるゆるとお伝えします。

シルクロード旅行②大阪〜西安

4/29

中国東方航空MU2060 大阪10:00→西安14:35】

f:id:shigebahn1984:20170413224839j:plain

いつもの関西空港からスタート。

GW初日なので思いっきり大混雑。定刻2時間前に空港着いたのに、チェックインと手荷物検査で時間を食い、結局搭乗口に辿り着く前に搭乗の最終案内の呼び出しを食らってしまった。手荷物検査場の長蛇の列にはさすがに面食らった。

 

機材はA320の3列☓3列の中型機材。モニターテレビなんぞはもちろん付いていない。乗客はGWだというのに中国人だらけ。

 f:id:shigebahn1984:20170413224925j:plain

 

f:id:shigebahn1984:20170413224854j:plain

 

中国系といえばCAが愛想がない、日本路線なのに日本語が通じない、メシが不味い、ビールがぬるい、と言った具合にいい評判は聞かない。

が、何より安い。

f:id:shigebahn1984:20170413224904j:plain

どうせ、飛行機に乗ってる間は退屈なのだし、メシも食えなくはない。ビールもタダで出てくるのだから文句は言えない。

そのいつものクオリティの機内食青島ビールを平らげ、約2時間で青島空港着陸。

 f:id:shigebahn1984:20170413224930j:plain

今回は経由便なので、荷物はそのままに飛行機を一度降りる。西安行きの人は1箇所に集められ、一度外に出てから入国審査へ。なんとも入国手続きもせずに外に出るというのはいささか不思議な感覚。

時間があれば本場で青島ビールをとも思ったが、さすがにそんな時間は55分の乗り継ぎ時間では厳しかった。残念。

 

さて、同じ機材に乗り込み、一路西安へ。

また同じような機内食とビールが出る訳ですが、関空発は大阪で作っているのでまだマシなのですが、青島で積み込んだ機内食は明らかに大陸製造。ただてさえ低いグレードがダウン。でもしっかり食べました。

 f:id:shigebahn1984:20170413224950j:plain

青島からも約2時間のフライトであった。

【続】